やんばるアートフェスティバル2017-2018の広報ディレクターを美術手帖が担当 | 株式会社美術出版社|アートを社会に実装させる

やんばるアートフェスティバル2017-2018の広報ディレクターを美術手帖が担当

「やんばるアートフェスティバル 2017-2018」の広報ディレクターを「美術手帖」が担当し、芸術祭運営に関するアドバイザリーを行いました。

2017年12月9日〜1月8日に沖縄県北部・やんばる地域で開催された「やんばるアートフェスティバル 2017-2018」の広報ディレクターを「美術手帖」が担当し、芸術祭運営に関するアドバイザリーを行いました。

やんばる地域は、原始的な風景の残る、「東洋のガラパゴス」とも呼ばれる神秘的なエリアです。そこでは手芸や工芸、祭祀芸能や食など、独自の文化が古来から守られてきました。そんなプリミティブな地・やんばるを舞台に、アートフェスティバルが開催。現代アートを中心とする「エキシビション」部門と工芸を中心にした「クラフト」の2つの部門にて、現代アートやデザイン、映像、音楽、伝統的な織物や陶芸などが幅広く展開されました。フェスティバルは、好評のなか会期を延長。成功のなか、来年度も開催されることが決定しました。

「美術手帖」は、編集長・岩渕がアドバイザーを務めたほか、広報グラフィックや会場パンフレットの制作、webサイトやSNSの管理、一部アーティストのコーディネートを行いました。

Credit

アートで社会の課題解決したい、展示を企画したい、ワインに関わるイベントをしたい、
書籍を出版したい、メディアに広告を出稿したい……。
アートとワインを軸とした事業のご相談を、課題の発掘から承ります。

Contact

他の実績

Other Works

Read more