学生を中心とする公募展「学展」の企画運営を、美術出版社がサポート | 株式会社美術出版社|アートを社会に実装させる

学生を中心とする公募展「学展」の企画運営を、美術出版社がサポート

学生を中心に幼少から一般までの油絵などの作品を公募する「学展(全日本学生油絵コンクール)」の企画運営を、美術出版社がサポートしました。

学展は、日本学生油絵会が主宰の公募展。1951年に第1回が開催され、60年以上の歴史をもちます。

応募は、油絵、彫刻・工芸、版画・デザイン・イラストと幅広く行われました。審査員を務めたのは、須山秀一(美術評論家・デザイナー)、千原徹也(れもんらいふ代表、アートディレクター)、土方明司(平塚市美術館館長代理)、岩渕貞哉(『美術手帖』編集長)です。

8月16〜19日にはシアター1010(東京)で「学展」が開催され、入選作品734点が展示されました。

本件において美術出版社は、企画運営面でのアドバイザリーや、広報面でのサポートを実施。アートニュースサイト「bitecho」にて、告知記事展覧会レポート大賞受賞者インタビュー掲載を行いました。


The exhibition is sponsored by the Japan Student Oil Painting Association. It was first held in 1951 and has a history of more than 60 years.

The contest was open to a wide range of applications, including oil paintings, sculptures and crafts, and prints, designs and illustrations. The judges were Shuichi Suyama (art critic and designer), Tetsuya Chihara (Representative of Remonraifu: Art director), Meishi Hijikata (Deputy Director, Hiratsuka Art Museum), and Sadaya Iwabuchi (‘art handbook’ Editor).

From August 16 to 19, “academic exhibition” was held at Theater 1010 (Tokyo), and 734 winning works were exhibited.


Credit

アートで社会の課題解決したい、展示を企画したい、ワインに関わるイベントをしたい、
書籍を出版したい、メディアに広告を出稿したい……。
アートとワインを軸とした事業のご相談を、課題の発掘から承ります。

Contact

他の実績

Other Works

Read more