毛皮の新しい使用シーンを提案! 日本毛皮協会のイベントを企画・運営 | 株式会社美術出版社|アートを社会に実装させる

毛皮の新しい使用シーンを提案! 日本毛皮協会のイベントを企画・運営

一般社団法人 日本毛皮協会は、毛皮製品の魅力を紹介するイベント FUR LIFE 2016 を、2016年1月23日に開催。その企画運営を、美術出版社が実施しました。

「FUR LIFE 2016」は、一般的なイメージの”高級”、”ファッション”だけでなく、生活のさまざまなシーンに毛皮を取り入れられることを啓蒙するイベントです。「まとう」「身につける」「暮らす」の3つの使用シーンにわけ、アクセサリーやインテリアとしての毛皮を、使用体験やワークショップを通して訴求しました。また、イベントの様子は『美術手帖』編集部が運営するアートニュースサイト「bitecho」でも取り上げられました。
http://bitecho.me/2016/01/31_713.html


<主なイベント内容>

?ファー体験コーナー

コート、アクセサリー、バッグなどさまざまなファーアイテムをイベント体験者に自由に選んでもらい、試着。毛皮の暖かさや柔らかさを、実際に体験してもらいました。

?撮影コーナー

3つのリビング空間をバックに、体験コーナーで選んだファーとともに、記念撮影。それぞれの空間に合ったファーのインテリア製品とともに撮った写真は、その場でプリントアウトし、体験者に提供されました。

?ワークショップ

イヤリングやピアス、ストラップなど、ファーを用いたアクセサリーがつくれるワークショップを実施。つくったアクセサリーは、そのまま持ち帰っていただきました。

 

 

Credit

アートで社会の課題解決したい、展示を企画したい、ワインに関わるイベントをしたい、
書籍を出版したい、メディアに広告を出稿したい……。
アートとワインを軸とした事業のご相談を、課題の発掘から承ります。

Contact

他の実績

Other Works

Read more