大浮世絵展―歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 公式図録 | 株式会社美術出版社|アートを社会に実装させる
  • デザインセンター

大浮世絵展―歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演 公式図録

「大浮世絵展―歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演」公式図録のデザイン・制作を美術出版社デザインセンターが担当した。 表紙デザインでは、5大浮世絵師の代表作の大胆なトリミングにより浮世絵の迫力を表現した。

スター絵師たちの至高のラインナップを収録


本展は、2014年に開催し約38万人を動員した「大浮世絵展」に続く展覧会。今回はそのなかでもとりわけ人気の高い絵師、喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川広重、歌川国芳の5大浮世絵師に焦点を当て、国内のみならず欧米の美術館の協力を得た貴重な名作366点が集結する。これらの作品が一堂に会する機会は滅多に無い。歌麿は美人画、写楽は役者絵、北斎と広重は風景画、国芳は勇壮な武者絵と機知に富んだ戯画─と、絵師のエッセンスを凝縮し、「誰もが知っており、そして誰もが見たい」豪華な内容となっている。

本図録では、摺り時期の違いを比較でき、浮世絵通の方が堪能出来る構成レイアウトになっている。また、開きのよいクータ・バインディング製本にすることで、見開きページではダイナミックな浮世絵の迫力を楽しむことが出来る。全作品に解説があり、専門用語にも多くのルビをふっているため、これから浮世絵を学びたい方にも必携の一冊。

【書誌情報】

「大浮世絵展」展覧会公式図録
A4変形版
346ページ
2,600円(税込)

【展覧会概要】

大浮世絵展―歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演
※会期中展示替えあり
会期:2019年11月19日(火)~2020年1月19日(日)
会場:東京都江戸東京博物館
休館日:月曜日(1月13日は開館)、12月28日〜1月1日
開館時間:9:30〜17:30(土曜は〜19:30)

 

会期:2020年1月28日(火)~3月22日(日)
会場:福岡市美術館

 

会期:2020年4月3日(金)~5月31日(日)
会場:愛知県美術館

展覧会公式サイト

アートで社会の課題解決したい、展示を企画したい、ワインに関わるイベントをしたい、
書籍を出版したい、メディアに広告を出稿したい……。
アートとワインを軸とした事業のご相談を、課題の発掘から承ります。

Contact

他の実績

Other Works

Read more