美術検定 | 株式会社美術出版社|アートを社会に実装させる

美術検定

About Brand

「成熟した美術鑑賞者」を社会へ

美術は、作品を創った人の意思を感じとり、その背景にある歴史をひもとく「みる力」を持った人たちによって、支えられ育まれてきました。そんな美術の情報という引き出しを多く持ち、作品の観察力を深め、得た感動を多くの人に伝えていく……美術検定は、美術と人々、社会をつなぎ、より豊かな人生を送る「成熟した美術鑑賞者」を目指す人のための検定です。
美術検定は、西洋日本美術の代表的な作品や作家などについて問われる入門編の4級から、美術や美術鑑賞の現場に関する知識や情報を読み解き伝達する1級まで、4段階のレベルに分かれています。1級に合格すると、アートナビゲーターの称号が授与されます。合格者は、さまざまな場所で美術の知識を活かし、美術作品と鑑賞者との橋渡し役として、美術の魅力や楽しみを伝えています。
美術検定公式サイト
http://www.bijutsukentei.jp/

オンライン検定「美術検定レベルチェック」「オンライン直前模試」

美術検定申込期間と本試験直前に開講される、「美術検定レベルチェック」「オンライン直前模試(2?4級)」。インターネット上で、自分の今のレベルを確認できたり、本番さながらに試験準備の総仕上げができる学習プログラムです。

アートナビゲーターによる美術検定入門講座

美術検定1級を取得したアートナビゲーターによる、美術検定3・4級向けの講座。短時間で効率よく美術検定の出題範囲をおさえられるだけでなく、アートナビゲーターという美術検定受験経験者による勉強方法や学ぶポイントは、受講者にも好評です。

展覧会に関連した教育プログラムやサービスの企画運営

2014年国立西洋美術館での「ラファエロ展」より、大学生向け無料特別鑑賞会「キヤノン・ミュージアム・キャンパス」でアートナビゲーターが学生にガイドを行なっています。ギャラリーを教室に見立てた各フロアで作品の見どころを紹介するガイドは、参加した学生からも好評を得ています。 写真提供 ©Canon INC.

美術鑑賞ワークショップの運営ファシリテート

親子向けや小学生、社会人向けなど、さまざまな年代を対象とした美術鑑賞ワークショップの企画から運営ファシリテートまで行なっています。実践経験を積んだアートナビゲーターによるファシリテートにより、美術にさらに関心を持つ機会を提供しています。

アートで社会の課題解決したい、展示を企画したい、ワインに関わるイベントをしたい、
書籍を出版したい、メディアに広告を出稿したい……。
アートとワインを軸とした事業のご相談を、課題の発掘から承ります。

Contact