AKI INOMATA: Significant Otherness 生きものと私が出会うとき | 株式会社美術出版社|アートを社会に実装させる

AKI INOMATA: Significant Otherness 生きものと私が出会うとき

AKI INOMATA、初の作品集を発売!

13のプロジェクトを、美しいビジュアルとともに紹介。十和田市現代美術館で開催中の個展、展示風景も収録。

現代美術家、AKI INOMATA初の作品集。美術館では初となる個展「AKI INOMATA: Significant Otherness(シグニフィカント・アザネス)生きものと私が出会うとき」(十和田市現代美術館)を記念しての刊行となる。

代表作の《やどかりに「やど」をわたしてみる》から、新作の《ギャロップする南部馬》まで、13のプロジェクトを本人の解説と美しいビジュアルで紹介する。

【寄稿】
パオラ・アントネッリ(MoMAキュレーター)/温又柔(小説家)/岩崎秀雄(研究者/アーティスト)/港千尋(写真家/人類学者) /小池一子(十和田市現代美術館)/金澤韻(十和田市現代美術館)

 

【展覧会情報】
「AKI INOMATA: Significant Otherness 生きものと私が出会うとき」
会期:2019年9月14日〜2020年1月13日
会場:十和田市現代美術館

展覧会公式サイト

 

【インフォメーション】

発売日
2019.10.25
著者
AKI INOMATA
造本・体裁
A5判、上製
ページ数
176
ISBN/商品コード
978-4568105209
定価
3200円+税

【著者プロフィール】

AKI INOMATA(あき・いのまた)
1983年生まれ。2008年東京藝術大学大学院先端芸術表現専攻修了。INOMATAは、「つくる」行為が人間だけに特権的なものではないことに着目し、生物との共同作業のプロセスを作品化してきた。生物との関わりから生まれるもの、あるいはその関係性を提示している。 近年の展覧会に、「第22回ミラノ・トリエンナーレ」(トリエンナーレデザイン美術館、2019) 、「タイビエンナーレ 2018」(クラビ市内、タイ、2018)、「AKIINOMATA, Why Not Hand Over a“ Shelter” to HermitCrabs?」(ナント美術館、フランス、2018)、「Coming of Age」(Sector 2337、シカゴ、2017)、「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」(2016)、「ECO EXPANDED CITY」(WRO Art Center、ヴロツワフ、ポーランド、2016)ほか国内外の展覧会に多数参加。2017年ACCの招聘でニューヨークに滞在。

アートで社会の課題解決したい、展示を企画したい、ワインに関わるイベントをしたい、
書籍を出版したい、メディアに広告を出稿したい……。
アートとワインを軸とした事業のご相談を、課題の発掘から承ります。

Contact

最新の出版物

Related Publications

Read more