六本木クロッシング2019展 つないでみる | 株式会社美術出版社|アートを社会に実装させる

六本木クロッシング2019展 つないでみる

3年に一度、森美術館が日本の現代アートシーンを総覧する定点観測的な展覧会として2004年以来開催してきたシリーズ展「六本木クロッシング」。第6回目の開催となる「六本木クロッシング2019展:つないでみる」の公式図録です。

現代美術の「つながり」を読み解く展覧会の公式図録

「六本木クロッシング2019展:つないでみる」は、「テクノロジーをつかってみる」「社会を観察してみる」「ふたつをつないでみる」の3つをキーワードに、現代美術の表現にみられる「つながり」に注目した展覧会です。今回はシリーズ初の試みとして、森美術館の3人のキュレーターで共同キュレーションを行い、1970〜80年代生まれを中心とした日本のアーティスト25組を紹介。本書は担当キュレーター3名の論文のほか、国内外の執筆者3名のエッセイも収録しています。
本図録は、ミュージアムショップで販売した 3,000部のみ限定で、「バリアブル印刷」という印刷技術を用いた表紙加工を施しました。図録の表紙に採用するのは日本で初めての試みで、3,000部すべての表紙が一冊一冊異なるデザインを実現しました。


【目次】

図版

論考
六本木クロッシング:つないでみる 椿玲子
つないでみる? 徳山拓一
新しい言語で語るように、「つないでみる」 熊倉晴子
壁について話す、平行線をたどる 長谷川新
デュシャンとベケットを超える 小崎哲哉
つなぎ間違い クラリア・ゼルニック

作品略歴・主な参考文献
作品リスト

 

【展覧会情報】

六本木クロッシング2019展:つないでみる
会場:森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
会期:2019年2月9日(土)~5月26日(日)

展覧会公式サイト

【インフォメーション】

発売日
2019.03.26
造本・体裁
A4変型
ページ数
240
ISBN/商品コード
978-4568105100
定価
2,685円+税

アートで社会の課題解決したい、展示を企画したい、ワインに関わるイベントをしたい、
書籍を出版したい、メディアに広告を出稿したい……。
アートとワインを軸とした事業のご相談を、課題の発掘から承ります。

Contact

最新の出版物

Related Publications

Read more