美術手帖 19年6月号<br>80年代★日本のアート|美術出版社

美術手帖 19年6月号
80年代★日本のアート

特集
80年代★日本のアート

大量消費社会と好景気、 
そして原発事故やエイズの脅威── 
楽観主義と閉塞感が同居した80年代は、 
美術の領域でも、抑圧からの解放と
未来の可能性を夢みて、 
ジャンルや枠組みを越境しながら新しい表現を 
生み出そうとするエネルギーが渦巻いていた。 
本特集ではこうした傾向が際立った
80年代前半のアートシーンを中心に、 
同時代の思想や文化との影響関係も概観しながら 
表現者たち一人ひとりの静かな闘争に迫りたい。 

SPECIAL FEATURE
80年代★日本のアート

PART1
ビジュアルでたどる80年代アート・クロニクル
伊藤鮎=文

ニュー・ウェイブとはなんだったのか?
[証言1] 藤井雅実 画廊パレルゴン
[証言2] 関口敦仁 フジヤマ・ゲイシャ展
[証言3] 山部泰司 関西ニュー・ウェイブ
[証言4] 石原友明 写真と美術の接近
[証言5] 中原浩大 美術の次なる展開

[論考]複数のメディウム 80年代という交差点
沢山遼=文

イラストとアートのクロスオーバー
中ザワヒデキ=解説

榎本了壱に聞く、日本グラフィック展とパルコの戦略
[コラム]「広告の時代」のアートとは何か? 原田裕規=文

Hommage to 80’s culture
岸部拓郎/STEREO TENNIS/
とんだ林蘭/大山エンリコイサム/金氏徹平+森千裕

PART2
80’s クロス・カルチャー・ファイル
思想/ファッション/演劇/音楽/
アニメ&キャラクター/イラスト&マンガ/出版
佐々木敦+山縣良和+岸井大輔+ばるぼら+さやわか=文

[コラム]インターネット前夜─80年代フィジカルの現在的魅力
久保田晃弘=文

ESSAY
「美術批評家」絶滅危機の時代
筒井宏樹=文
世界における日本の80年代アートの検証
吉竹美香=文
「アール・ポップ」から始める─80年代の美術をめぐって
椹木野衣=文

 

第2特集
平成の日本美術史 30年総覧 松井茂=監修

椹木野衣の時代:30年間の批判理論 松井茂=文
「日常」がアートになる きりとりめでる=文
奈良美智と村上隆の功績 児島やよい=文
多様化するメディア環境 伊村靖子=文
未来に「震災」の経験を伝える 蔵屋美香=文

第16回芸術評論募集入選作発表
審査を終えて 椹木野衣×清水穣×星野太
次席:ウールズィー・ジェレミー インターネット民芸の盛衰史
次席:北澤周也 東松照明『日本』(一九六七年)と「群写真」
─社会化された自由な「群れ」─

ARTIST PICK UP
キャサリン・バーンハート 島田浩太朗=聞き手
ベルナール・フリズ 梅津庸一=聞き手

WORLD NEWS
New York /London /Berlin /Sharjah /Art Scene /Insight

ARTIST INTERVIEW
インカ・ショニバレCBE
石谷治寛=聞き手

アート・バーゼル香港2019
美術手帖×VOLVO ART PROJECT

REVIEWS
「しんかぞく」+「作家で、母で つくる そだてる 長島有里枝」+
「長島有里枝展」+「ホーム・ランド」+テーリ・テムリッツ『不産主義』
椹木野衣=文

THE COPY TRAVELERS 「雲型定規がヤマをはる」展+
「ヴィンセント・フェクトー展」
清水穣=文

平山昌尚「つづく」34話
青柳龍太「我、発見せり。」(8)役者 松浦祐也
プレイバック! 美術手帖 原田裕規=文
BOOK
月刊美術史
常備店リスト
バックナンバー案内
次号予告

【インフォメーション】

発売日
2019.05.07
著者
美術手帖編集部
造本・体裁
A5判変型
ページ数
244
ISBN/商品コード
491007611069401600
定価
1,600+税

アートで社会の課題解決したい、展示を企画したい、ワインに関わるイベントをしたい、
書籍を出版したい、メディアに広告を出稿したい……。
アートとワインを軸とした事業のご相談を、課題の発掘から承ります。

Contact

最新の出版物

Related Publications

Read more