美術手帖編集長・岩渕貞哉がトークイベントに登壇します | 株式会社美術出版社|アートを社会に実装させる
  • 美術手帖_

美術手帖編集長・岩渕貞哉がトークイベントに登壇します

人間と機械の関係性に問題提起をする二人に、現代美術を取り扱う専門誌『美術手帖』編集長・岩渕貞哉が加わり、トークイベントを開催します。

フェスティバル/トーキョー15 × 美術手帖 コラボレーション企画
ゾンビオペラ『死の舞踏』公演記念

人間と機械──操り、操られるのはどちらか?
石黒浩×安野太郎×岩渕貞哉 トークイベント
2015年10月27日(火)20時30分〜21時30分

平田オリザが人間とアンドロイドの関係性を描いた、11月公開の映画『さようなら』のアンドロイドアドバイザーや、マツコ・デラックスにそっくりのアンドロイド「マツコロイド」の製作など、専門のロボット工学はもちろんバラエティーや文化面でも注目を集める石黒浩教授。

国際的な舞台芸術祭「フェスティバル/トーキョー15」で、舞台”ゾンビオペラ『死の舞踏』”を機械の自動演奏を軸に演出する安野太郎。
人間と機械の関係性に問題提起をする二人に、現代美術を取り扱う専門誌『美術手帖』編集長・岩渕貞哉が加わり、トークイベントを開催します。

近年、芸術の分野でも「ロボット」や人工知能が用いられる例が増えています。
当日は、曖昧になりつつある機械と人間の境界と、その新しい関係性を表現しようと試みる芸術について、自由に議論が広がります。
11月12日〜15日に公演を控えるゾンビオペラ『死の舞踏』がもっと楽しくなる本トークイベント。
たくさんのご来場を、お待ちしております!

アートで社会の課題解決したい、展示を企画したい、ワインに関わるイベントをしたい、
書籍を出版したい、メディアに広告を出稿したい……。
アートとワインを軸とした事業のご相談を、課題の発掘から承ります。

Contact

最新の投稿

Related Posts

Read more