広重 名所江戸百景 HIROSHIGE'S One Hundred Famous Views of Edo


    

発売日:2017年9月28日

    

ページをめくって江戸を旅する。

浮世絵の不朽の名作、歌川広重「名所江戸百景」、

太田コレクションの優れた初摺を収録した貴重な1冊。


浮世絵ファンはもちろん、広く一般に人気のある浮世絵の名作、歌川広重(1797-1858)の「名所江戸百景」。

 

安政3−5年に制作、今から約160年前の東京、広重が見ていた江戸の町の風景が生き生きと再現された作品全120枚(二代歌川広重の作品1点、ならびに目録を含む)で構成されている。

 

本書は、浮世絵専門の美術館として知られる、太田記念美術館が所蔵する保存状態の優れた初摺を収録した、いわば永久保存版。

同美術館の学芸員のわかりやすい解説とともに、広重の描き出した江戸の風景を、めくるめく堪能できる。

※バイリンガル(日本語・英語)の書籍です。

  

【監修者プロフィール】

太田記念美術館美術館

太田記念美術館(1977年開館)は、都心でも数少ない浮世絵専門の美術館。かつて東邦生命相互保険会社の社長を務めていた五代太田清藏(1893~1977)が蒐集した浮世絵コレクションを、広く大勢の方々に公開するために設立、約12,000点という膨大な数は、個人の浮世絵コレクションとしては世界有数と言える。

http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/

[ インフォメーション ]

発売日
2017年9月28日
ページ数
216ページ
著者
太田記念美術館 監修
ISBN / 商品コード
978-4568104950
造本・体裁
B5判
定価
3000円+税

ご購入はこちらから