震美術論


    

発売日:2017年9月 6日

    

第25回吉田秀和賞受賞『後美術論』に続く、新たな美術史を紡ぎ出す画期的美術評論。

 

『美術手帖』2014年3月号から連載された「後美術論 第二部・流浪篇」より全11回を収録。


自然災害による破壊と復興、そして反復と忘却を繰り返してきた日本列島という「悪い場所」において、はたして、西欧で生まれ発達した「美術」そのものが成り立つのかー。

東日本大震災をひとつのきっかけに、日本列島という地質学的条件のもとに、「日本列島の美術」をほかでもない足もとから捉え直すことで、「日本・列島・美術」における「震災画」の誕生、そして、そこで「美術」はいかにして可能となるのかを再考する画期的な試み。

 

〈本書に登場する災害、作家たち〉

リスボン大地震/カント/ヴォルテール/ペストの大流行/御嶽山噴火/関東大震災/三陸大津波/山下文男/飯沼勇義/山内宏泰/伊勢湾台風/赤瀬川原平/東松照明/土砂災害/瓜生島沈没伝説・慶長豊後地震/磯崎新/岡本太郎/安政江戸地震/狩野一信/三陸大津波/山口弥一郎/東南海・三河・昭和南海地震/藤田嗣治/東日本大震災/高山登/笹岡啓子/畠山直哉/村上隆/Chim↑Pom

 

【CONTENTS】

再考「悪い場所」(前・後編)/日本・列島・美術(前・中・後編)/再帰する未来、美術館と展示の臨界/転生する陸前高田と「秩父湾」/溺れる世界と「ソラリスの海」(前・後編)/七難の諸相、日本列島の震美術(前・後編)/帰還困難区域の美術

 

【著者プロフィール】

椹木野衣(さわらぎ・のい)

美術批評家。1962年秩父生まれ。

著書に『日本・現代・美術』(新潮社、1998年)、『「爆心地」の芸術』(晶文社、2002年)、『黒い太陽と赤いカニ─岡本太郎の日本』(中央公論新社、2003年)、『戦争と万博』(美術出版社、2005年)、『なんにもないところから芸術がはじまる』(新潮社、2007年)、『反アート入門』(幻冬舎、2010年)、『新版平坦な戦場でぼくらが生き延びること岡崎京子論』(イースト・プレス、2012年)、『アウトサイダー・アート入門』(幻冬舎、2015年)ほか多数。

2015年、『後美術論』(美術出版社)で「第25回吉田秀和賞」を受賞。現在、多摩美術大学教授。

  

【電子書籍版】

配信開始日:2018年1月7日

 

Kindle版はこちら

honto電子書籍ストアはこちら

[ インフォメーション ]

発売日
2017年9月 6日
ページ数
452ページ
著者
椹木野衣
ISBN / 商品コード
978-4-568-20271-7
造本・体裁
19 x 13.8 x 3.1 cm
定価
4200円+税

ご購入はこちらから