美術手帖 2015年9月号 絵描きと戦争


    

発売日:2015年8月17日

    

特集

絵描きと戦争

 

戦時中の時代のムードに同調してみること、例えば明日戦争が始まること、そして、その状況下で戦争を描くこと。

それらに想像力を十分に働かせることは容易ではない。

しかし、戦争を題材とすることには表現する際に避けられない本性のようなものが現れることがあるようだ。

善/悪、事実/フィクションなど 二極の言葉でとらえようとすることが、これほど困難な対象があるだろうか。

それだけ戦争を表した作品には見る人誰もがそれぞれの立場から考え、発言できるということでもあるだろう。

戦後70年。

絵描きたちの作品と真正面から向き合ってみたい。


SPECIAL FEATURE

「戦争画」とはなんだったのか?

絵描きと戦争

   

SPECIAL TALK1

対談:今日マチ子×椹木野衣

弱さの象徴ではなく立ち向かう少女へ

 

SPECIAL TALK2

対談:Mr.×相澤淳

私たちにとって戦争のリアリティとは?

飯田高誉=司会

 

小沢剛さんと東京国立近代美術館へ

「戦争画」とはどんな絵か?

 

「戦争画」の基礎知識 河田明久=解説

 

3人の絵描きの絵と言葉

向井潤吉、宮本三郎、藤田嗣治

迫内祐司+橋本善八+林洋子=文

 

INTERVIEW

菊畑茂久馬インタビュー

目覚めよフジタ 椹木野衣=聞き手

 

再録・座談会:向井潤吉×宮本三郎×中村研一×栗原信

「僕等は従軍画家だった」

 

コラム1:花岡萬舟 喜夛孝臣=文

コラム2:吉田初三郎 奥間政作=文

コラム3:報道写真 白山眞理=文

コラム4:久永強 遠藤望=文

 

展覧会情報

 

 

SPECIAL FEATURE

大野智「FREESTYLEⅡ」展

宮村周子=文 南阿沙美=撮影

 

Artist Pick Up

ヤン・ファーブル 内田伸一=文

 

WORLD NEWS

New York/London/Versailles/Berlin/Porto/Beijing/Taipei/世界のアート注目トピックス

 

後藤靖香インタビュー 現代作家が描く「絵描きと戦争」 山下寿水=文

別府現代芸術フェスティバル2015「混浴温泉世界」

遠藤一郎「愛と平和と未来のために」 Vol.81

 

評論連載

後美術論〈第二部・流浪篇〉 第7回 転生する陸前高田と「秩父湾」

椹木野衣=文

 

ARTIST INTERVIEW

蔡國強 Cai Guo-Qiang 神谷幸江=聞き手

 

REVIEWS

鴨居玲/熊谷守一/井上有一/リー・キット/ハンディウィルマン・サプトラ/園子温/THE COPY TRAVELERS/岩崎貴宏

黒瀬陽平+椹木野衣+清水穣+藤原えりみ+桝田倫広+成相肇+勝俣涼+鷲田めるろ=評

 

INFORMATION

MOVIE/AWARD/EVENT/BOOK/OTHER TOPICS/月刊美術史

 

[ インフォメーション ]

発売日
2015年8月17日
ページ数
210ページ
著者
美術手帖編集部
ISBN / 商品コード
4910076110953
造本・体裁
A5判変型
定価
1,600+税

ご購入はこちらから

定期購読はこちらから