VOLVOとのアートプロジェクトが11月から展開! 美術手帖プロデュースによる展示・企画をVOLVOスタジオ青山にて実施


自動車メーカー・VOLVOのブランドストアとして10月に新しくオープンした「VOLVOスタジオ青山」(港区北青山3-3-11)。この店舗を舞台に、美術手帖がプロデュースしたアートワークを展示する「美術手帖×VOLVO ART PROJECT」が11月より展開されている。


初回は、写真家の田附勝が、11月5日〜12日までVOLVOスタジオ青山内にて作品を展示。スタジオ入口のシースルーLEDスクリーンにて、東北の人・文化・自然を撮った写真集『kuragari』に掲載されている作品を、スライドショー映像で紹介。加えて、写真作品をスタジオ内に展示する。田附にとって初となる、サウンドと同居した空間を演出する。


また、11月11日には田附と、一橋大学で教育社会学を専門とする太田美幸の「スウェーデンの現代を構築するもの」と題したトークイベントを開催。
VOLVOやIKEAなど北欧のフィロソフィーが反映された企業や、穏やかな日常生活を紹介する書籍が人気を集め、独自の国民性が近年日本でも注目されているスウェーデンの文化は、どのように形成されてきたのか。東北の風土や文化を撮り続けてきた写真家の田附と、スウェーデンの近現代文化を研究する太田が、語る。




12月以降も、様々なアーティストによる展開が予定されている。スウェーデンの自然をコンセプトにした店内でアートがもたらす非日常を、体感してほしい。


公式サイト|VOLVOスタジオ青山
問合せ|美術出版社 担当:田尾(tao@bijutsu.press)