『震美術論』トークイベント開催! 椹木野衣×岩渕貞哉ー後美術から震美術へ、そしてこれからの話をー


e7abb2958757f8b086575ddd3d121183ed6e981b.jpg

『震美術論』(美術出版社・刊)をめぐって、著者の椹木野衣さんと編集を担当した『美術手帖』編集長・岩渕貞哉のトークイベントをNADiff a/p/a/r/t(恵比寿)にて開催いたします。



現代を代表する美術評論家・椹木野衣さんによる新刊『震美術論』は、東日本大震災後に着手された、最初の著作です。

 

日本の歴史を振り返ってみると、地震、津波、噴火、台風、土砂災害、集中豪雨など、幾度となく自然災害による破壊、復興、そしてその反復と忘却を繰り返してきたことがうかがえます。

そのような土地で、果たして、西欧で言う意味での「美術」は可能なのでしょうか。

 

『後美術論』(2015年、第25回吉田秀和賞受賞)に続き、本書の編集を担当した『美術手帖』編集長・岩渕貞哉と著者の対談を行い、『震美術』以降の美術状況展開に迫ります。いまなお続く非常時における美術に、向き合う糸口が見える対談となることでしょう。

 

【イベント詳細】

会場:NADiff a/p/a/r/t

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 1F 

開催日時:2017年12月15日(金) 20:00〜21:30(開場は19:45)

定員:50名

お申込方法:NADiff a/p/a/r/t イベントページ、またはお電話(03-3446-4977)にて。

 
※当日キャンセルはかたくお断りしております

    

【書誌情報】

『震美術論』

刊行:美術出版社

発売日:2017年9月6日

価格:4,200円+税

Amazonでのご購入はこちら

 

【ご注意事項】

・イベント会場はイベント開始の15分前から入場可能です。

・当日の座席は、先着順でお座りいただけます。

・定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

・やむを得ずイベントが中止、内容変更になる場合がございます。

 

【プロフィール】

椹木野衣(さわらぎ・のい)

美術批評家。多摩美術大学教授。

著書に『日本・現代・美術』(新潮社、1998年)、『「爆心地」の芸術』(晶文社、2002年)、『黒い太陽と赤いカニ─岡本太郎の日本』(中央公論新社、2003年)、『戦争と万博』(美術出版社、2005年)、『なんにもないところから芸術がはじまる』(新潮社、2007年)、『反アート入門』(幻冬舎、2010年)、『新版平坦な戦場でぼくらが生き延びること岡崎京子論』(イースト・プレス、2012年)、『アウトサイダー・アート入門』(幻冬舎、2015年)ほか多数。

2015年、『後美術論』(美術出版社)で「第25回吉田秀和賞」を受賞。

 

岩渕貞哉(いわぶち・ていや)

1975年生まれ。2002年に美術出版社『美術手帖』編集部に入社。2008年より編集長。